屋根塗装・外壁塗装・防水工事・屋根の葺き替え・外構工事は、シャボン玉リフォーム神戸におまかせください!

防水工事

防水工事

O様より新築時にベランダの水勾配が取れておらず、ベランダに水たまりが出来て、塗膜のはがれが酷いので、ベランダ勾配調整左官工事とウレタン通気緩衝防水工事の依頼を受けました。

雨が降るとベランダには雨水が入りこんできます。べランダが雨で大洪水!そんな恐ろしい事態をひきおこさないために行う工事がベランダの勾配調整です。ベランダの排水口に向かって傾斜を作ることで水の流れを排水口へと集中させ、効率よく雨水を流すという工事です。

左官水勾配工事後、ウレタン通気緩衝防水工事は通気性能を有する通気緩衝シートを張り付け、その上に塗膜防水材(ウレタン)を塗布することで形成される防水工法です。
雨など、上からの水分をシャットアウトすると共に、ふくれの原因となる下地に含まれている蒸気化した水分を脱気装置(脱気盤)で外部に排出させるため、安全で信頼性の高い工法です。

神戸市北区O様邸のベランダ勾配調整左官工事及び
ベランダ防水工事  施工前   勾配が取れておらず雨が降る
たびに雨水が溜まってしまい、防水塗膜がはがれ、じわじわと
躯体に浸透していきます。この根本原因を直してから防水工事
の始まりとなります
&show(): File not found: "auto_Ds1EWJ.JPG" at page "防水工事";
ベランダ水洗い
画像の説明
山崎親方 カチオンフィラーとセメント
画像の説明
カチオンフィラー (接着効果)
画像の説明
カチオンフィラー施工
画像の説明
室外機を吊るし、カチオンフィラー施工
画像の説明
補強メッシュです
画像の説明
下地に補強メッシュ
画像の説明
勾配器を使いながらベランダの水勾配をつけていきます
画像の説明
左官職人が職人技で微妙な水勾配の傾斜をつけていきます。
水勾配とは、雨が降った後、雨水が溜まることがないように
するための傾斜です
画像の説明
左官勾配調整工事中
画像の説明
左官勾配調整完了
画像の説明
水勾配左官工事 完了
画像の説明
セメント乾燥後、水を流してベランダの勾配を確認します
画像の説明
勾配調整完了後、 防水工事に入ります。
下塗りのプライマー塗布 ウレタンの吸い込みを止め
密着性を高める為の下塗り材
画像の説明
通気シートを貼っていきます
画像の説明
通気緩衝シートの突き合わせ部分や通気緩衝シートの端部の
防水処理を行います
画像の説明
脱気盤の取り付け  下地からの水蒸気を逃がす事で
膨れを防ぎます
画像の説明
ウレタン 下塗り
画像の説明
ウレタン 上塗り ウレタン2回塗りで膜厚をつけます。
画像の説明
防水層を熱や紫外線などによる劣化から守るために
トップコート(保護材)を塗り完了です。
画像の説明
船橋職人 ご苦労さんでした
画像の説明
完工後
画像の説明
完工後
画像の説明
O様に喜んで頂きました
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional