屋根塗装・外壁塗装・防水工事・屋根の葺き替え・外構工事は、シャボン玉リフォーム神戸におまかせください!

屋根葺き替え

和瓦葺き替え

屋根は見えにくい部分です。当社では、工事中の写真・工事完成写真をお渡し致します。
お客さまにとってご心配なご近所様へのご挨拶や「近隣対策」は全て当社が行います。
工事前のご挨拶から完工後のご挨拶まで粗品を持参して行います。

昔の土葺き屋根は、ずれやすいので桟掛(さんがけ)工法で葺き替えをしました。

桟掛工法のメリット
地震に強く、通気性にすぐれ、屋根の劣化を防止できます

施工前に屋根職人が調査致します。
画像の説明
古い瓦と土を撤去していきます。
画像の説明
清掃を行います。 下地の状態を確認し、必要であれば
補修作業を行います。
画像の説明
屋根に新しいコンパネの12ミリ厚を貼り、屋根下地を
強固なものにします。
画像の説明
防水ルーフィング敷き  ルーフィングとは防水シート
のことです。 新しい屋根材を設置する前にこの
ルーフィングを敷きます。
画像の説明
ゴムアスルーフィングは上手側のシートが上になるように
施工しているか確認し、そのシートの重なりが十分かを
(上下は100mm以上、左右は200mm以上)
チェックします。
画像の説明
水抜き桟木。瓦の隙間から進入した雨水を、防水シートで受け
、桟木の切り込みから逃がす仕組みです。これにより、瓦の下に
雨水が滞留するのを防いでくれます。非常に大事な工夫です
これをやっていない瓦葺き替え現場も多くあり、ここらへんが
耐用年数を考えた業者とそうでない業者の違いです。
切り込みがないと、瓦の隙間から侵入した雨が桟木の所で留まり
桟木を腐らせ、やがて雨漏りになります
耐用年数に違いがでてきます。
画像の説明
新しい谷板金の取り付け  現在の工法では土を乗せず
桟木の上に瓦をステンレス釘で設置しますので強風や揺れで
ずれることがありません。そして土を敷かない分、屋根の重量を
2分の1程度まで減らすことができます
画像の説明
水切りを取り付けます
画像の説明
棟下地取り付け
画像の説明
完工後に現場周りを清掃します。
画像の説明
完工後
画像の説明
瓦は夏は涼しく、冬は暖かい !!
屋根は、雨や風、真夏の高温,真冬の寒気という寒暖差の
激しい環 境にさらされています。陶器瓦は、熱吸収率が小さく、
遮断効果が高いため、夏の厳しい暑さを防ぎ
冬場は、室内の熱を逃さないので、暖かい室内になります。
遮音性も高く、激しい雨音も気になりません。
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional